Strategy of…

Posts Tagged ‘kindle


わーい。だいぶ今更ですが。

 

 

なんで買ったの?

・英語の勉強の一環として映画の原作本とかの洋書を読みたいなーと思いつつ、でも日本でペーパーバック買うと高くつくしそもそもあんまり売ってない。
・かといって海外通販とかするのもアレ。
・で、とりあえずスマートフォンにKindleアプリ入れてみたらちょうべんり!
・でっかいの欲しい!
・買うか。

 

という感じで気づいたらポチってました。
ちなみに購入はAmazon.comから。日本のAmazonでも取り扱い自体はあるんですが、Wi-Fi+3Gモデルで23800円とかします。USなら本体$189、送料合わせて約$200ということで円高の今なら送料込み約15000円で手に入るので、日本で注文する意味が見当たりません。
そして米国からの発送なのに注文から2日で届くという手際の良さ…えっ。普段ブルーレイとか注文してもそんなに頑張ってくれないじゃない…いみがわからない…。
改めてAmazonがいかにKindleに賭けているか実感しました。レビュー数が3万越えだもんなあ。

 

 

 

とりあえずさわってみる

・箱開けたらびっくり。ちいさい!薄い!
・起動はどうすればいいか、っていう紙が画面に貼ってある。
…と思ったらそれが既に画面でした。わあ。
・というわけでE-inkディスプレイは液晶とは全く違う。リアルに紙っぽいです。表示は白黒(グレースケール)のみ。
・E-inkはほぼ電力を消費しない(画面切り替えの時だけ消費する)ので、オフライン状態でスタンバイしておけば一回の充電で2ヶ月ほど持つらしい。ちなみに充電はUSBから。
・難しい設定などは全く必要なし。親切な事に出荷状態ですでに私のAmazon.comのアカウント設定までしてくれているので(米国で買う場合はUSアマゾンのアカウントが必須。日本で買った場合はどうなのかわかりませんが)初期設定も不要で、すぐにkindle shopで買い物できる状態。親切すぎて泣いた。
・3G使用可なので、何もしなくてもネットも繋がります。

 

 

サイズはiPod Classicと比べるとこんなかんじ。ちなみにこの画面はスタンバイ状態です。

 

 
データなどは端末自体ではなくAmazon.comのアカウントの方で管理されているため、私が先にスマホの方のKindleアプリに入れていた本のデータも自動的に同期されていてびっくり。しかも読んだページ数まで自動同期されるから、デバイスを行き来してもストレスフリーです。
そして買ってまず最初に入れたのが東村ジャパンというサイトで販売されている英辞郎●MOBIという英和辞書。¥1570。単語力に乏しい私は英文や洋書を読むときだいたい電子辞書片手じゃないとだめなんですが、なんとこれ、kindleで文章を読みながらわからない単語にカーソルを合わせるだけで、画面下部に意味が表示されるというありがたすぎるシロモノです。
設定も簡単で、PCにデータをダウンロードした後にPCとKindleをUSB接続して、Kindle内のフォルダにデータをポンと入れるだけ。あとはKindle端末のほうでデフォルト辞書に設定すれば電子辞書に頼らずとも読めるようになってしまいます。すげえ。

 

 

 

読むだけじゃない

iPadなどのタブレットと違って、「読む」ということだけに特化して作られているため無駄な機能は全て省かれている感のあるKindleですが、わりといろいろできました。

 

・前述のように3G回線を使って普通にネットできます。TwitterやFacebookも使える。ただし、日本語サイトの表示はできますが日本語入力は不可。
・Kindle自体にメールアドレスが設定されていて、データ受信ができる。PDFファイル、JPG画像ならそのまま表示できる(ただし白黒)。
音楽も聴ける。PCからKindle内の「music」フォルダに好きな曲のMP3データをコピペするだけで、Kindleで読みながらのBGMとして聴く事ができます。もちろんイヤホン端末もついてます。ただMP3以外のファイル形式には対応していないのと、シャッフル機能が無いのが難点。本体の容量も3.3G程度なので、これに関してはあんまり実用性はない。
ゲームもできる。初期状態だと五目並べとマインスイーパしか入ってないけど、色々アプリが開発されているようなのでそのうち入れてみようと思ってます。
・音声読み上げ機能がわりと高性能。滑らかに読み上げてくれます。ただし当然英語のみ。

 

といった感じで思ってたより色々遊べるじゃん、という印象です。外部ツールも色々開発されているようなのでまだまだ出来ることありそう。音楽のシャッフル再生を可能にするスクリプト?みたいなのも発見したんですがよくわからなかったので断念。

 

 

 

結局

まとめるとほとんど欠点らしい欠点は見当たらないくらい、個人的にはいい買い物だったなあという感じです。
まあ3から日本語表示対応したとはいえ現状Kindle storeに日本語の書籍はほとんど無いので、日本語の本を電子書籍で読みたい!って方には全くすすめられませんが、ちょっと試しに洋書読んでみたいなあと考えている方や、英字新聞を定期購読したいという方においては買わない理由が見当たらないほどの優れたデバイスです。試し読みもできるし、円高のおかげでめちゃくちゃ安く買えます。あと古い作品なら無料で読めるものもたくさんあります。
iPadとはあらゆる意味で方向性が違うデバイスなので比べるのはほとんど無意味なんだけど、それでも比較すると3分の1以下のお値段で買えてしまうというコスパも素晴らしいしね。

というわけでとりあえずこの前見た映画submarineの原作本を購入して読み進めています。おすすめの洋書がありましたら是非教えてくださいー。

 

 
人気ブログランキングへ ←よろしければクリックお願いします。

広告
タグ: