Strategy of…

Archive for the ‘ライブレポート’ Category

ソニマニ行ってきましたよ。
今年はフジもサマソニも諦めてしまったので最初で最後の夏フェス参加でした。夏フェスと呼んでいいのかな。

 

まず

別に今に始まったことじゃないけど本当に運営がクソでしたどうもありがry twitterのソニマニハッシュタグが一面罵詈雑言で溢れかえっていて面白かったですねえ。順を追って書いていくと、入場前にゲートとは別のテントでドリンクチケットを購入させてから会場に入れるというやり方から既に手際の悪さがわかるんですけど、あの、ドリンクチケットさばいてるおねえさんね、他の人はどうかしらないけど「ソニックマニア参加の方でよろしいですか?」みたいなことをいちいち聞いてて、いやそれ以外に何かあんのかと聞きたくなりましたね…。マニュアル通りなのか知らんけど無言でもいいからさっさとしてくれ。
そして一番文句が集中していたオフィシャルバーのひどさは想像以上でした。わたしはもうチケットが最初から9500円だったと諦めてドリンクチケットは捨てましたけど、ひどい時には1時間以上待たされたみたいですね。なめてるとしか。しかも開場時は3ヶ所あったうちの2ヶ所が24時でクローズしちゃうとか何考えてんのかわかんなかったです。ていうか完全に持ち込みOKだったんだから別にドリンク代取る必要なかったんじゃないかなあ…。ゴミもひどかったしね。
あと客層も、まあロックフェスというよりはクラブイベントに近いのもあって、ひどかったです。もう慣れたけど。

 

 

みたやつ

BOOM BOOM SATELLITES

3月のイベントが震災の影響で中止になっちゃったから去年の幕張ぶりかなあ。下手のわりと前方のほうにいました。ぎゅうぎゅうになってるとこまでは行ってないけど。最近はずっとお袖のないお召し物ばかりだった中野さんがカジュアルな黒の七分丈を着ていらして新鮮でした。腕ほせえ。シルエットが完璧すぎう。川島さんはすごくいつも通りでした。
セトリはいきなり新曲から始まって驚きましたがその後はフェス仕様といった感じかな。ブンブンさんはライブアレンジだと一曲一曲が割と長めなので一時間弱という尺はあっという間でしたね。ききたう!では後ろから力任せに突進してくるひとがいっぱいいて痛かった。
わたしは見てなかったんだけど途中で川島さんがちょっとハシった時に中野さんが一瞬睨んでたらしい。笑 また下駄箱とかダボハゼとかみたいに散々言われたんだろうか。ブンブンかわいいです。

 

PRIMAL SCREAM

ごめん1分くらいしかみなかった。

 

JAMAICA

すげーたのしかったー後ろのスクリーンに映る映像も色々ぶっ飛んでてよかったー。すごくハッピーなステージでしたね。去年のフジでみれなかったんだよなー。だいぶ後ろの方で眺めてたのでゆったりみれたのもよかったです。フローの動きがほんとおもしろい。アントワンギターうまい。よくしゃべる。一曲ごとに「次はスローな曲やるよ!いい?」「次は女の子のための曲だよ!」とかいちいち言っててかわいい。なんかの曲終わりでアントワンがスライディングしたところにフローが寄ってって、すげー自然にでこちゅーしたらしい。やだかわいい。そんで頭ナデナデしてた。かわいい。できてんのか。
途中で一瞬離れたけど、ほぼ全部みたはず。良かったです。また単独でこないかな。

ジャマイカ終わってタイムテーブルみたら次はアンダーワールドだったので、よし休憩しよう!っつって会場外でしばらくまったりしてました。アンダワあんまりピンとこないのだわ…。それでも生でみたことはなかったので、もしかしたらすげーかっこいいかもしんないから後でちょっと見に行こうかって話したり。

 

South Central

マウンテン移動中にチラっとみたら案外かっこ良かったので数曲。プロディジーとかペンデュラム系のバキバキなかんじ。キーボードの弾き方がすてき。キーボードひいてた左側の子は女の子みたいに可愛くて、右側の人はわたしのだいすきな犯罪者顔をしていました。帰ってきてからCD聞いてみましたが好きだわこれ。NIRVANAのスメルス〜のアレンジをやったり。おちゃめでかわいかったです。東急ハンズがお気に召したようすなんだけど、東京ハンズだと思ってたみたい。サマソニ@大阪が終わった後にtwitterで「東京に戻って東京ハンズにまた行くんだ!」って嬉々として言ってたんだけど、大阪にも東急ハンズあるのにね。かわいい。ドンキ行ったり焼酎飲んだり、色々日本を満喫していたようで微笑ましかったです。またおいで。
アンダワさんのために途中で移動しちゃいましたが、最後まで見ればよかった。

 

UNDERWORLD

すげー人だった。もとより前にいくつもりなんてなかったんですがそれでも会場の後ろのほうまでほぼぎゅうぎゅう。壁沿いに座ってクライマックスのあたりだけ聞いたんだけど、ごめんなさい、やっぱり何がいいのか全然わからないで終わってしまった。すごく盛り上がってたけどね。
あとなんか目の前で吐いたひとがいて、暗いからみんな気づかずに踏んじゃってて地獄みたいでした。うえ。あとアンダワさんが終わったら殆どの人がハケたんだけど、後に残った床のゴミがほんとひどかった…。アクトは悪くないけどどうしても印象は悪くなってしまうよねえ。こういうの。また見たいとは思わない。

 

Vitalic

私の本命ハゲおじさん。世界一かっこいいハゲはVitalicかジェイソン・ステイサムのどちらかといっても過言ではないよね!アンダワさん後のマウンテンだったので、人も少なくなっててだいぶ前でみれたよー。Vミラーライブは2many DJs VS Vitalicの時以来なので2回目でしたが、今回のほうが曲順とか含めて良かった気がします。中盤だれるのは相変わらずだし絶対07のサマソニの時より繋ぎへたになってんだけどね。笑 でもやっぱりこの人の盛り上げ方はうまい!職人でした。後半の流れはサービスしすぎで体力的にきつかったけど最高。やっぱりLa rock01とダリオがかかると一気に空気がかわってました。
本当に楽しかったんですけど、最後のほうでどでかいわさわさした鳥の羽みたいなのをつけた派手な帽子をかぶったパーチーガール×3が目の前に入ってきてとっっっても迷惑でした…非常識すぎるだろ…。途中で飲んでた錠剤もなんだったか知らんけどな。もーせっかくのいい気分がだいなしでした。

オートクラッツとかちょっと気になったけど、Vitalicで体力使い果たしてたのでここでもう会場でちゃいました。そういやマウンテン隣のDJブース全く見なかった。帰りは、東京方面の始発を待つ人の数がすごくて海浜幕張のホームがパンクしてた。エスカレーター危なかったよー。来年あるかどうかわからんけど、アクトが何であれ運営側に何かしらの改善が見られなければ行く事はないだろうな。
 
 

人気ブログランキングへ ←よろしければクリックお願いします。

広告

単独としては日本で最後になる東京公演です。行ってきました。
とりあえずセットリストから。

 

1.The Dance
2.Take The Long Road And Walk It
3.The Truth Is No Words
4.Freedom Fighters
5.Fire
6.Human
7.The Spike
8.Welcome To The North
9.Drugs
10.Too High
11.Strength In Numbers
12.Getaway
13.The People
14.Bleed From Within

encore
1.Walls Get Smaller

 

感想としては非常に楽しかったです。確か最初に聴いたのは2nd「Welcome To The North」が出たくらいの時期だったと思うのですが、その時の衝撃は今でも忘れられないですね。こんなにグルーヴのあるロックミュージックがあるのかと驚かされました。私にとってはUKロックにハマったきっかけがこのバンドでもあるので、個人的な思い入れがものすごくあります。とは言っても実はライブはDVDで観ただけで実際に行った事はなかったので今回が最初で最後になったわけなんですけども。

 

セトリも1曲目から「The Dance」、そして1stの曲を連続でたたみかけるという始まり方で一気に会場全体が沸き上がっていました。全体的に初期の曲が多くて、3rdから離れてしまった初期厨な私にとってはとても嬉しかったです。AXはどちらかというと縦長のフロアで、柵で区切られていて私たちは1番前のブロックの後方中央あたりにいたんですがだいぶぐちゃぐちゃでしたね。笑 まあ大人しく見てるのもありかなと思ってたんですがThe Danceのイントロ聴いたらもうだめで結局汗まみれになりながら跳ねてました。

 

そこから2ndのキラーチューン「Freedom Fighters」、3rdの「Fire」と暴れた後は「Human」で一時クールダウン。噂ではRobがもう以前ほどハイトーンが出なくなってるとか言われてましたがそんなことなかったです。髪はないけど。ただ確かに数曲キー下げてるかな?ってのはありましたね。ロブダンスも相変わらずやってたし。残念ながらメンバーの姿は終始見づらいポジションだったんですが、Robは曲間にフロアから飛んでくる歓声にいちいちお返事したりしてて可愛かったです。誰かがロブサーン!って叫んでたのがおかしかったです。

 

本当に休む暇もないようなセトリだったので終盤の「The People」の大合唱の時は若干酸欠気味にもなりましたが、本編ラストはライブ名物の「Bleed From Within」からのパーカッション祭りで締め。若干残念だったのはアンコールが一曲のみで、しかもインストだったってことくらいですかね…。ラストという実感がないままにすごーくさっぱり終わってしまいました。客電ついてからもだいぶ多くの人が残ってダブルアンコールを待っていたんですが、スタッフさんがたんたんとドラムをお片づけしちゃいだしたので諦めました…。ひどいよ!まだフジロックが残ってるからってことですか!ばか!この商売上手!しかしわたくしフジロックは行けません。行く方の感想を楽しみにしてよう…。もうフジすっとばしてリーズ行きたい。

 

そんな感じだったので、帰ってきて感想を書いている今になって「ああ最後だったんだなあ」という実感がやっと湧いてきてへこんできました。見れてよかったけど!さ!前回行ったのもMaeの解散ライブだったし最近好きなバンドとお別れをしてばかりでつらいです。いいバンドには長続きしてもらいたいですね…。

 

 
人気ブログランキングへ ←よろしければクリックお願いします。