Strategy of…

[Review]ブリッツ(Blitz)

Posted on: 10/10/2011

 

監督 : エリオット・レスター

出演 : ジェイソン・ステイサム、パディ・コンシダイン、アイダン・ギレン

総合評価 : ★★★★ 4.0/5
 

 

 

試写会で観てきました。
俺たちの兄貴ことイサムくんことジェイソン・ステイサム主演のクライム・アクション・サスペンス?映画です。
ひとことで言えばいつも通りです。

 

今回のイサムくんはロンドンを舞台に活躍する刑事役で、「俺まじ刑事向いてる、刑事天職だから」とか言っちゃうタイプのあいたたたなキャラクターなのですが、冒頭から車を盗もうとしていたチンピラたちを相手に大暴れ。上司ですら手が付けられない暴走刑事を演じています。
そしてこの作品はイサムくん作品にしては珍しくバディムービーでもありまして、ステイサム演じるブラントと、彼の相棒となるゲイの巡査ナッシュとの掛け合いが非常に面白いです。ナッシュの家にいきなり上がり込んだ挙げ句に爆睡かまして、起きぬけに「お前俺の体触ってないよな!?」って詰め寄るイサムくんとかね、その面構えでよくそんなことが言えるよなあと言いたい。
前作「メカニック」ではひたすら冷静沈着なキャラクターでしたが、今回はかなり理不尽な暴走キャラで、イギリスらしい小粋なジョークも随所に散りばめられていて楽しめました。笑いどころがいっぱいある映画は良いですね。

 

ブラントとナッシュが担当することになる警官だけを狙った連続殺人事件、その犯人をエイダン・ギレンが演じているのですが、この人も非常に良かったですね。サイコキラーっぽさ全開で不気味でした。
そして今個人的に大注目しているイケメン俳優、ルーク・エヴァンス!やっとスクリーンで見れました。男臭い出演陣の中で爽やかに香る芳香剤のようでした。いるだけで画面が華やかに見えますね!イケメンだなあ。イケメンだなあという感想しか出てこない。今後も「三銃士」を始めどんどん露出が増えていくようなので期待大です。

 

キャストは大満足なんですけどお話はまあ…普通かな…悪くはありませんが地味でした。ブラントさん刑事のくせにめちゃくちゃ軽犯罪犯しまくってるけどいいんですかとか、ていうか全体的に刑事のみなさんやる気あんのかよって感じなんですが、まあイサムくん映画だし細かいことは気にしなければいいんじゃないでしょうか。ね。中盤はちょっと色んな要素をごちゃごちゃに描きすぎていてダレますが、オチはとても良かったです。

 

というわけでいつも通りのイサムくん映画ではありますが、がめつくて理不尽なブラントのキャラ設定もあってシリアス一辺倒ではない笑える作品になっておりますのでイサムくんファンの方にはおすすめです。あとケミスツカサビアンなど、UK出身のグループの音楽が多く使用されているのも良かったです。どうも音楽とか色んなところが古くさいなあ、なんで今これやっちゃうんだろうなあと感じるところが多かった「メカニック」に比べると今回はとても現代的で私は好きでしたねー。あとルーク・エヴァンスに注目している女子の方々も是非。笑
 
 
人気ブログランキングへ ←よろしければクリックお願いします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。