Strategy of…

[Review]イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ(Exit Thtough The Giftshop)

Posted on: 08/08/2011

監督 : バンクシー

出演 : ティエリー・グエッタ、バンクシー、シェパード・フェアリー

総合評価 : ★★★★☆ 4.5/5
 

 

 
面白かったです。
個人的にはドキュメンタリー映画ってあまり好きじゃないんですが、それでもこれはドキュメンタリーっぽさが良い意味で薄いというか、構成がすごく巧みなので観ていて引き込まれました。
逆にそういった点から、実はドキュメンタリーでなくヤラセなんじゃないかとか、フィクションが交じってるんじゃないかとか色々言われているようですが、これについては後述します。
 

監督はバンクシー。有名なストリート・アーティストです。
素顔を表に出さず、非常に社会的なメッセージを含んだ作品で世界的に評価を受けている人物です。私は余りストリート・アート界に詳しくないので、作品をいくつか知っている程度でした。これは彼についてのドキュメンタリーではないので、彼をよく知らない人でも楽しめると思います。
では誰についての映画かというと、ロスで古着屋を営んでいたティエリー・グエッタという人物です。彼は仕事の傍ら、取り憑かれたようにビデオカメラを回すのが癖でした。「撮る事」自体が目的であり、撮った物をどうこうしようという気はまったくありません。
ある日自分の従兄弟であるスペース・インベーダーのアートを撮り始めたことから、様々なストリート・アーティストの作品や作業工程などを撮影していくことになります。その中でやがてティエリーとバンクシーが出会い、ある事件をきっかけに2人はとても親密な関係になります。
 

公共の場に描くストリート・アートは言うまでもなく非合法であり、描いてもすぐに消されてしまう物が殆どです。バンクシーは「じゃあ映像で残しておくのも悪くないかも」と思い、ティエリーに撮りためたビデオを編集して映画にして欲しいと頼みます。しかし半年後ティエリーから送られてきた映像は…。ここは本当に爆笑でした。あんなの90分も延々と見せられたら、そりゃあバンクシーじゃなくてもぐったりします。彼は映像を作るべき人じゃない、と気づいたバンクシーは「映像はもういいから君もアートをやったら?」と勧めます。しかし、残念ながら彼はアートをやるべき人間でもありませんでした。
 

ストリート・アートという非合法的なモノが、それでもアートとして認められるに至ったその背景には、バンクシーはじめ様々なアーティスト達がそれぞれ持つ信念や伝えたいメッセージが存在している。言い換えてみればアートは目的ではなく手段に過ぎないんです。
しかし世の中にはそういったモノが無い、いわばスッカスカな作品でも商業的に成功してしまう例も非常に多く存在していて、MBW(ミスター・ブレインウォッシュ)はまさにその一人です。他のアーティスト達の作品の上澄みだけを頂いてスタッフに作らせた薄っぺらい作品の数々。普通だったら何の価値もないシロモノです。彼には信念なんて無いのでアートというものが手段ではなくなってしまってるんですね。商品としての価値しか求めていない。しかし、彼はバンクシーと近しい自分の立場を最大限に利用して、更にそこからメディアまでも利用して一気にのし上がってしまうのです。彼が名乗ったブレインウォッシュ(=洗脳)という名前は、そう言う意味ですごく的を射ていますね。
 

これはストリート・アート界のみならず、音楽業界など他の分野にも言えると思います。「メディアが取り上げてるから」「周りで人気だから」といった理由で、ろくに本質を見ないまま踊らされてしまう人のなんと多い事か。
バンクシーはこの映画で決してMBW一人を糾弾したかったわけではなく(まあ少しは個人的感情もあるでしょうが)、アート業界にはびこるこうした姿勢自体に対して警鐘を鳴らしたかったのだろうなと。そしてそれはバンクシー自身の作品を持ち上げる人々に対してのメッセージでもあったのでしょう。「バンクシーの作品だから」という理由で彼の作品を賞賛している人は、果たして彼が作品に込めたメッセージに気づいた上で賞賛しているのでしょうか?
で、先に述べた「この映画は実話かフィクションか」という議論ですが、どっちにしろバンクシーが観客に伝えたかったメッセージというのは同じですよね。ものの本質をしっかり見ろよという。だからそこは別に気にするところじゃないと思います。
 

しかしこういう面を抜きにしても単純に映画として面白いです。バンクシーの他にもティエリーに関わってきたアーティストが多数出てきますが、MBWの成功を歯がゆく思いながらもその一端を担ってしまった事から何も言う事ができずジョークだったらいいのにね…としか言えないのがせつないです。だんだんしょんぼりしていくバンクシーもかわいいです。
あとティエリーさんがもうね、ひどいんだけど何か憎めなくてずるいと思いましたね。バンクシーとか他のアーティストに対する態度と自分の雇ったスタッフに対する態度の差がひどくて本当にだめ中間管理職そのものだし、「このポスターにオリジナリティを付けるには…」とか言いながらずらっと並べたポスターにペンキを適当にペって飛ばしたときにはおいおいえええ!?と思いましたが、それでもあの人柄こそが成功の最大の理由だったんじゃないかなと。まぬけなのか頭いいのかほんとよくわかんないです。
だって絵は欲しくないけどあのキャラはちょっと欲しいと思っちゃったし、絵は欲しくないけど体を張った芸人としてならお金払いたいくらいだもん。絵は欲しくないけど。

 

 

ついでに

上で「アート業界だけの話じゃない」と書いたように、最近の邦楽業界でも同じようなケースがあるなと感じる事が多いのでついでに書きます。私はJU○Uという歌手が好きではなくて、よく彼女のシングル名を拝借して「その歌姫面を止めてよ」とか「音楽活動を止めてよ」とかディスっているのは内緒なんですが、彼女のやり方もだいぶMBWに通じる点があるなと。
彼女はすごく我が物顔でカヴァー曲を歌うんですよね。別にカヴァーすることが悪いとは思わないです。ろくにアレンジも加えないでほぼ原曲のまま拝借している点についても100歩譲って許します。
が、それは元々存在した他の人の作品に、薄っぺらいオリジナリティ(笑)とも呼べないようなモノを載せただけのものに他ならないのに、いかにも自分がカヴァーしたことに価値があるといった姿勢でいることが一番許せないんです。それは元の作品、作者に対してものすごく失礼なことですよね。彼女のカヴァーアルバムのタイトルが「Request」であることからもそういった不遜さが伺えます。ファンが望んでいるから私が歌ってあげるの。って。笑わせんなと言いたいです。タイトルが「Respect」だったらまだ救いようがあったかもしれないですけどね。まあ彼女一人の責任でなくレコード会社の思惑等もあるのでしょうが、本当に最近の音楽シーンはこういう、「カヴァー」「サンプリング」「オマージュ」を勘違いしているようなものが蔓延りすぎていて面白くないなあと思う訳です。
 
 
人気ブログランキングへ ←よろしければクリックお願いします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。